オルニチンの特徴

オルニチンの特徴!オルニチンを食事で摂るのは難しい

お酒を飲んだ後にはしじみ汁!これは、江戸時代から言われていて浮世絵などにもしじみ売りの姿が描かれています。
そのしじみに多く含まれているのがオルチニンなんです。

 

オルニチン食材

オルニチンは肝臓で活躍するアミノ酸です。しじみ、ヒラメ、キハダマグロ、チーズ、エノキダケなどに多く含まれていて、肝臓の働きを保ち疲労回復をもたらすことが期待されています。オルニチンを食材から摂取するには大量に食べる必要があるのがわかりますね

オルニチンとはなんですか?

オルニチンは、もともと私たちの身体の中に備わっています。体内のアミノ酸の多くがタンパク質の中に存在するものですが、オルニチンはそれとは異なる「遊離アミノ酸」と呼ばれるものの一種です。血液に溶け込んだ状態で体内を巡り、肝臓では有害物質であるアンモニア解毒を担うなど、重要な働きを担っています。

 

「肝臓で有害物質であるアンモニア解毒を担う」この部分が二日酔い防止や悪酔い対策に効果的と言われている原因です
そもそも二日酔いは、体内にアルコールが残っている状態で
アルコールを摂取した時に肝臓が一生懸命分解しようと頑張るのですが許容量を超えた場合に分解しきれずに二日酔いとなります。
また、その時に肝臓がダメージを受けて肝細胞が壊れて血中に流れなすのがガンマGtp

 

ガンマGtpの値が高くなるというのは、肝機能が弱っている状態と言う事です
ガンマgtpを下げる方法として、しじみ汁が効果的と言うのはオルニチンの働きによるものという訳です

 

オルニチンがアルコール分解を手助けしてくれるのでその分、肝臓が休むことが出来ます

オルニチンを効果的に摂取するには

わたしたちの体がいつまでも若々しく元気で居るために必須なオルニチンですが
食事からとるのは、大変です

 

そこで、当サイトではサプリメントからの摂取をおすすめしています。

 

サプリメントって無茶な形で栄養素を増強したりしていて副作用とかあって不安と言う方も多いと思いますので
売れている商品や継続して飲んでいる愛用者の方が多い商品をランキングにしていますので
あなたがもし、健康に不安を感じていたり改善したいと考えているなら、参考にしてみてください